夜、私の家の周りは、静寂に包まれます。
時折、車が走る音がするぐらいです。

パソコンで遊んでいたら、男性の声がするので、気になって外に出てみました。

黒い猫が逃げて行きましたが、たぶん、私がしまい忘れたゴミ箱をあさっていたのでしょう。

お向かいの、少し開いた窓から、話声が聞こえます。

私の家まで聞こえるぐらいだから、大声で話をしているのです。

お向かいさんは、一人暮らしのお爺さんです。
昼間も、知り合いの夫婦が来て騒いでいました。

その人達は、いつも車椅子で来ます。
よくよく観察すると、男性の足が悪いので、70代ぐらいの奥さんが車椅子を押しているのです。

一人暮らしの高齢者の家に、障害者の夫婦がやって来るのですから、文句なんて言えません。

西隣の奥さんも足が悪いのですが、若い息子さん夫婦が一緒に暮らしているので大丈夫です。
裏側の奥さんは、高齢ですが元気です。

でも、娘さんが嫁いで行ってしまったので、一人暮らしになりました。