昨日の夜11時に外出をした。
たぶん生まれて初めての経験だと思う。

いつも通るコンビニのATMで出金をするためだ。
23時55分まで利用可能だから、まだ十分間に合う。

夜8時頃に出掛けることはよくあるけど、11時にもなると全く様子が違っていた。

家から一番近い四つ角さえ、暗い。

「やめようかな」という気持ちになったけど、せっかくなので、頑張ってみることにした。

途中にレストランやそば屋や焼肉屋があって、煌々と明かりが灯っているのでホットした。
「あ~ここって24時間営業なんだ」「夜中の1時まで営業してくれているんだ」

しばらく行くと、営業している店がなくなり、小さな街灯だけになった。
歩道が暗いので、恐くなった。

そこで私は、あろうことか、車道の右側を歩いた。
右側なら、車は前から現れるので、事故に会うこともない。

夜中11時過ぎに走っている車は無く、私は、車道沿いにコンビニに到着した。
ATMで1万円おろし、同じ道を戻った。

その間、すれ違った人は、女性一人だけだった。

「もう二度と暗い道は歩くまい」と決めた。